料理レシピを掲載しています。


by simarisu58

カテゴリ:かき( 3 )



 カキは、栄養素を豊富に含みます。精神の安定などに役立つとされる亜鉛の含有量は、
 重量あたりで食品のトップに・・。

 甘酒は、飲む点滴といわれるくらい・・点滴の成分と似通っており、甘酒だけで必要栄養素が
 摂取できます。

 それならば・・・

 カキのクラムチャウダーとちゃうで~(大阪弁)


 
f0201570_1513050.jpg



 <材料>

 カキ   120g
 甘酒   190g
 ミルク  甘酒と同量
 お好みで電子レンジなどで下ゆでした野菜 



 <作り方>

 ① 甘酒と同量のミルクを混ぜて、フライパンなどで沸騰させます。
 
 ② 2分ほど 吹きこぼしに注意しながら煮詰めます。

 ③ 塩と水で洗った カキを放り込み 2~3分煮ます。

 ④ 電子レンジ等でしたゆでした野菜を入れます。お好みで粉パセリを散らして出来上がり。

 
 甘酒と同量のミルクでは・・・結構、甘口。甘いのが苦手ならば、ミルクの量を増やして
 野菜などを多めに入れて、ボリュームをおぎないましょう。

 コショウやブイヨンなどを入れて、好みの味付けにするのもいいかと・・

 とにかく強壮としての料理です。 元気づけに食べちゃってください。

[PR]
by simarisu58 | 2009-12-01 15:22 | かき

カキで餃子するのも・・・ちょっと、いいかもっ!


 カキで餃子


f0201570_1523020.jpg



 <材料>

  カキ
キャベツ
  餃子の皮
  片栗粉
  ゴマ油
  (水気を切って細かく刻んだキャベツ)

<作り方>

 ① カキを塩と水で洗います。よく水気を切り、さらにキッチンペーパーで水分をふき取ります。

 ② キャベツをフードプロセッサーで細かく刻み、少量の塩を振り、20分置きます。
   放置後、キャベツを握るようにして水分を絞っておきましょう。

 ③ カキに片栗粉をまぶします。キャベツにも片栗粉を少量、混ぜておきましょう。

 ④ 餃子の皮に先にキャベツ、その上にカキを包んで、あとは・・・餃子を焼くのと同じ方法で。
   仕上げにごま油を垂らしましょう。
                                        

                            
 カキだけだと ちょっとお高くついてボリュームがありません。餃子の具と同様、
 細かく刻んだキャベツと一緒に具にした方が安上がり。
 また、キャベツと一緒に焼くことで、ギョウザの焼けるタイミングとカキの加熱のタイミングが
 近くなるので、カキがふっくらと仕上がります。

 塩味で仕上げた方が、いい感じ。
 
 
[PR]
by simarisu58 | 2009-12-01 15:08 | かき

かき料理の定番の「かきごはん」

ちょっと辛口にしましょっ!


 炊き込みキムチかき飯


f0201570_14493488.jpg



  <材料>

   キムチ お好みで
   カキ  お米2合に対し 100gくらい
   醤油  少々


  <作り方>

  ① 刻んだキムチとお米を混ぜて、醤油を少々・・ 炊飯器にセットします。

  ② カキは、塩と水でよく洗いましょう。

  ③ 炊飯器のご飯が蒸らしに入ったら、炊飯器の蓋をあけてカキを放り込みます。

  以上でできあがり。

  カキの数粒を刻んでおいて最初から炊飯器に乗せ、さらに蒸らしの時に残りのカキを乗せる
  方法もアリですっ。

[PR]
by simarisu58 | 2009-12-01 14:56 | かき